2016年08月19日

File No.115 ペーター・キュルテンについてもう一度

kurten.jpg

ある殺人鬼はこう言った。

「女の瞳から色が消えるその一瞬を見るために殺した」

ペーター・キュルテンが追い求めたのはこれとは違う一瞬だが、同じ一瞬である。

今夜は今もなお表現者を魅了し続ける男のおはなし。

出演:
ヒキガネ霜田
山内黒猫

《ファイルの公開は終了しました。》
posted by soratobujelly at 19:00| Comment(0) | ヒキガネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

File No.113 シーザー・バロンについて

ArtWork

あなたが人生で一番影響を受けた人物は誰ですか?

「今はまだいない」と答えたあなた。

会うと間違いなく影響を受けるだろうな、という人物には死ぬまで会わない方が得策かもしれない。

今夜は変えた男と変えられた男のおはなし。

出演:
ヒキガネ霜田
山内黒猫

《ファイルの公開は終了しました。》
posted by soratobujelly at 23:00| Comment(0) | ヒキガネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

File No.110 ゲオルグ・カール・グロスマンについて

grossmann.png

ちょっと待って。
あなたが買ってきたそのハンバーガーは、果たして本当にハンバーガーだろうか。
別の肉が使われてはいないだろうか。

ちょっと待って。
あなたが美味しそうに食べているその人肉バーガーは、果たして本当に人肉バーガーだろうか。
ただのハンバーガーではないだろうか。

信じすぎては、いないだろうか。

今夜はあの時代あの場所にいた第三の男のおはなし。

出演:
ヒキガネ霜田
山内黒猫

《ファイルの公開は終了しました。》

【お知らせ】
勉強になりました大賞2016上半期!
第86回から第108回までの中で、あなたが一番印象に残っているエピソードを教えてください。
メール、DM、リプライ、ハッシュタグ、どれでも受け付けます。
〆切は7/17(日)です、よろしくお願いします。


posted by soratobujelly at 22:00| Comment(0) | ヒキガネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

File No.108 グウェンドリン・グラハムとキャサリン・ウッドについて

graham_wood.jpg

「テルマ&ルイーズ」という映画がある。

ひょんなことから人を殺してしまい、やむなく車で逃避行することになったふたりの女。
数十台のパトカーに追いつめられ、目の前は断崖絶壁。
ふたりは迷うことなく、笑顔でアクセルを踏んだ。

今夜は引き寄せられるように出会ってしまった女のおはなし。

出演:
ヒキガネ霜田
山内黒猫

《ファイルの公開は終了しました。》


posted by soratobujelly at 19:00| Comment(0) | ヒキガネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

File No.106 クリーブランド監禁事件について

cleveland.jpg

七つの地獄を抜けた先に待っているのが八つ目の地獄、無間地獄である。
男はこの無間地獄をいとも簡単に創ってしまう。

そしていざ自分がそこに入るとなると、すぐに逃げ出してしまった。

今夜は投獄後一ヶ月で首を吊ってしまった男のおはなし。

出演:
ヒキガネ霜田
山内黒猫

《ファイルの公開は終了しました。》

posted by soratobujelly at 22:00| Comment(0) | ヒキガネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする